Yahoo! スポンサードサーチの【入門編】はコチラです。

検索結果に広告を掲載する「スポンサードサーチ」

こんにちは、「Recommend Style」の横山です。

今回は、Yahoo! スポンサードサーチ【入門編】をお伝えします。

インターネット広告とは?

インターネット広告を、よくわからないという方も多いと思います。

ネットに掲載される広告は、近年になって急成長している広告分野です。

Yahoo! のスポンサードサーチもこの中に含まれます。

消費者とダイレクトに繋がれる広告法として、現在、スポンサードサーチは各企業から多くの注目を浴びています。

実際、電通の調査によれば、テレビや新聞、雑誌、ラジオなどのいわゆる「4マス広告」は下降傾向にあるのに対して、インターネット広告費だけが右肩上がりの成長を遂げており、09年には新聞広告を抜く売上を上げています。

また、広告として折り込みチラシやダイレクトメール(DM)、フリーペーパーなど方法(4マス広告+α)を思いつく人も多いと思います。

ですが、インターネットの場合と4マス広告+αでは大きく違う点がいくつかあります。

特に両方向性については、インターネット広告は他の追随を許さないほどの機能を持っています。

そのため、購入や問い合わせなど、ネクストアクションにかかる時間は非常に短く、広告が直接購入活動などに影響を及ぼす確率は、非インターネットの比ではありません。

また、インターネット広告の場合、広告による集客の効果を実際の数字として知ることもできるのが大きな利点です。

非インターネット広告では、実際に広告を見たのが何人いるのか、広告を見て買い物をしようと思った人が何人いるのかを知ることはできません。

一方、スポンサードサーチの場合では、閲覧数や、閲覧後のクリックの行動を確認することができるので、何人が広告を見て、広告から購入活動や問い合わせに移行したのかを知るのが容易です。

この点において、ネットを利用した広告はテレビや新聞、雑誌よりも大きな利点を持っているといえます。

また、非インターネットで広告を出す場合においては、初期に印刷費などの多額の費用を要することが多いのが実情です。 一方、スポンサードサーチにおいては、クリック課金型の広告であれば、クリックした回数で料金が決定されるので、無駄が少なく、料金と効果が比例するということで利点があります。

いいことずくめのインターネット広告ですが、デメリットはないのでしょうか?

この点、実はデメリットが浮かばないというのが、現在のネット広告の現状と言えます。

以前でしたら、パソコンやスマホからの入稿になるので、人によってはとっつきにくいということが挙げられましたが、今ではそういった参入障壁もなくなっています。 また、敢えて言わせていただくのであれば、いくつか種類があるという点です。

しっかりと自らの事業にとってベストな広告方法を選ばなければ、ベストな広告効果を出すことができない可能性があります。

インターネット広告は、形状、配信方式、課金方式の3つで分類することができます。

代表的なものとして、ディスプレイ広告(バナー広告)、検索連動型(リスティング広告)、そして興味関心連動型広告の3つをあげることができます。

このほかにも、リッチメディア広告、デモグラフィック広告、期間保証型広告、最近注目されている位置情報連動型広告などがあります。

では次に、Yahoo! が扱うインターネット広告についてご説明したいと思います。

Yahoo! が扱うインターネット広告の代表例

Yahoo! は様々なインターネット広告を扱っていますが、その代表例が「プレミアム広告」「プロモーション広告」になります。


■プレミアム広告

プレミアム広告は、Yahoo! ニュースやヤフオク!など、Yahoo! japanのコンテンツページの他、さまざまな提携サイトのコンテンツページの右側や上の部分に広告を表示することができます。

ウェブページの目立つところに広告が表示されますので閲覧数は大きくなる一方、リンクが飛んだ先であるライティングページが魅力的ではないと、いわゆる一見さんのみが増えることになるので、広告の効果が薄れてしまうという欠点があります。

また、スポンサードサーチなどと比べると、費用が高額になる場合が多いので、既にブランディングを終了した大企業などにメリットが多い方法だといえます。

また、多くのディスプレイ広告では、インプレッション保証型という課金方式を採用しています。 インプレッション保証型とは、インプレッション……つまり広告が表示される回数が規定数を超えるまで、広告を表示するという形式になります。

Yahoo! の場合、インプレッション保証型の場合、1週間で1250万円~となっておりますので、中小企業にとっては非常に大きな負担となってしまうのが欠点です。


■プロモーション広告

プロモーション広告には、さらに3つの種類があり、

・コンテンツページに広告を表示する「Yahoo! ディスプレイアドネットワーク(YDN)」

・Twitterに広告を表示する「Twitter広告」

そして初じめての方にお勧めの

・検索結果に広告を表示する「スポンサードサーチ」

とに分かれます。

Yahoo! ディスプレイアドネットワーク(YDN)

まずは、「Yahoo! ディスプレイアドネットワーク(YDN)」です。

YDNにおいては、インプレッション保証型のほか、枠保証型、クリック課金型のタイプがあります。

枠掲載型においては、1週間200万円~、クリック課金型においても1か月5万円~と比較的高額であることが多く、インプレッション保証型と同じく、広告費に大きな費用を割り振ることができない中小企業にとっては大きな負担となることが多いです。

ですが、YDNの場合、ターゲット層の絞り込みが容易で、サイトリターゲティングやサーチターゲティング、性別・年齢・地域ターゲティングなどにより、目的にあわせてターゲッティングを合わせることができますので、大企業にとって有効的な広告戦略を行うことができます。

広告としては、初期費用が0円であること(クリック数のみ)、広告の表示回数が圧倒的であること、パソコンはもちろんスマートフォンやタブレットなどのデバイスにも配信できることなどのメリットがあり、大企業で多く用いられる広告方法の一つとなっています。

広告主の中にはこのYDNを利用することにより、売り上げを30倍に拡大した例もあり、大規模なインターネット広告をするには検討すべき方法の一つとなっています。

ですが、やはり中小企業にとっては、負担が大きいのも確かですので、まずは「スポンサードサーチ」からインターネット広告を始めるのが一般的だといえるでしょう。

Yahoo! Twitter広告

次に「Yahoo! Twitter広告」です。

Twitter広告はその名の通り、トランプ大統領も大好きなSNSの一つであるTwitterに広告を表示する仕組みになります。

Twitter広告ならではのターゲッティングとして、興味・関心、キーワードによって、ターゲティングを調整することができます。

例えば、ユーザーが「新築 マンション」と入れた場合、検索結果の先頭部分に広告が表示されることにより、ユーザーがサイトを訪問するという仕組みです。

また、Yahoo! プロモーション独自の管理ツールを導入することができますので、申し込みまで広告運用までのすべての手続きを、スポンサードサーチやYDNと同じツールで管理することができ、重複する広告を削除することができ、無駄なプロモーション費用を削減することができます。

Twitter広告を活用することにより、導入3か月でフォロワー数が700から3万に激増した例もありますから、カフェや飲食店など、つながりを大事にしたい、つながりを大事する企業にとっては、SNSを活用するTwitter広告は非常に宣伝効果が高い広告方法の一つになります。

料金に関しては、表示されるだけなら無料で、課金方式はエンゲージメント課金、リンククリック課金、フォロー課金、アプリクリック課金、インストール課金と分かれています。

また、2次拡散は無料となっているので、retwitに対するエンゲージメントや一人のTwitterユーザーが同一の広告に対して行った2回目のエンゲージメントは課金対象となりませんので、予想以上の反響になったとしても、必要以上の費用発生が生じません。

どの課金方式でもオークション方式なので、予算と都合に合わせて設定することができます。

入札金額は自由に設定できますので、自分のターゲッティングに合わせて効果的な宣伝を考え、また、実施すべきタイミングで、入札を行うことができます。

1日あたりの予算の金額を自由に設定することができますので、必要以上の費用を発生させなくすることができます。

Twitter広告では、月額3,000円から設定することができますが、30,000円以上の価格を設定することにより効果的な宣伝を行うことができます。

また、実際に検証する意味でも、ご自身がTwitterユーザーであることが望ましいでしょう。

Yahoo! スポンサードサーチの【入門編】

そして最後、「Yahoo! スポンサードサーチ」です。

より詳しくお伝えしたいと思います。


■スポンサードサーチの特徴

スポンサードサーチは、リスティング広告の一種です。

リスティング広告とは、yahoo! japanなどの検索エンジンの検索窓にキーワードを入力した場合、入力したキーワードに関連した広告が表示される手法になります。


スポンサードサーチの初期費用は無料で、クリックの回数分だけの費用が生じる、いわゆるクリック課金型の広告となるため、無駄な費用が発生せず、合理的で初めての方にお勧めの広告方法となっています。

ヤフー!ジャパンの検索数は、国内ナンバー1のページビューを誇り、国内の検索エンジンの約6割を占めているといわれています。

このYahoo! ジャパンの検索結果ページの先頭部分に広告が掲載できますから、広告主の商品・探している人に、大規模に効率的にアピールをすることができます。

また、ヤフー!プロモーション広告に申し込むことで、ヤフー!ジャパンはもちろん、「live search」「日経ネット」「フレッシュアイ」「エキサイト」「オールアバウト」などのヤフーに関連する各種サイトの上位に広告を掲載することができます。

スポンサードサーチの広告費は銀行振り込み、クレジットカードに対応した前払い制となっており、また、あくまでクリックの回数分だけの費用となっていますので、設定した予算以上の広告を出す必要はありません。

料金は表示回数などとは関係なく、クリックの回数分のみとなっています。

スポンサードサーチのリスティング広告は最低3,000円以上となっていますので、広告したい規模や予算に応じて柔軟に対応することができるのも魅力の一つです。

ヤフーのスポンサードサーチの場合、初期費用や月額固定費はかかりません。

あくまでクリックされた際の料金となっていますので、非常に合理的な広告戦略を展開することができます。

また、スポンサードサーチでは1日単位で広告の配信・停止を設定することができますので、必要不可分で広告をコントロールすことができます。

検索エンジンを通じてキーワードを検索したユーザーをサイトに誘導する手法として、SEOなどが盛んにおこなわれていますが、スポンサードサーチではそれと異なり、表示するためのコントールができますので、検索エンジンの算法に左右されない上位表示を可能とし、安定的な広告成果を発揮できるという特徴があります。

もちろん、SEOも重要ですが、どうしても上位表示は検索エンジンの算法が自然淘汰検索型であるため、決して短くない時間(時にはとても長い時間)がかかってしまうのが事実となります。

一方、スポンサードサーチであれば、それが多少の費用をかけることにより容易に安定的にできるということがあるので、SEOに詳しくないインターネット広告の初心者にとって非常に役立つ広告方法といえるでしょう。

また、ヤフーのサポートが充実していますので、出稿が容易となる傾向があり、リンク先も自由に表示させることができます。

一方、ヤフージャパンとその関連サイトの検索結果までの上位表示までの時間が、あまりかからずに済むというメリットも見過ごせないものとなっています。


■スポンサードサーチの料金


Yahoo! スポンサードサーチの場合、初期費用や月額固定費がかからない一方、クリックに応じた価格設定が必要となります。

実はこの価格設定は入札方式で行われており、広告を表示させるために、最低入札額である1円から最高入札額である9999円までの間で、予算とプロモーションの規模によって定めることができます。

通常、検索数の多いキーワードほど最低入札額が高くなるのが普通ではありますが、キーワードに複数の入札があった場合、入札価格だけではなく、広告の品質によってその順位が定まります。

そのため、品質の高い広告を制作することにより、入札価格を抑えながら上位に表示させる可能性も高まります。

このような事情を考慮すると、広告主にとってのコストや広告効果もある程度のシミュレーションが可能となるため、スポンサードサーチの予算管理も容易となります。


特に、スポンサードサーチの管理画面には、予算設定という項目があります。

この項目の、1日の予算をコントロールし、また商品の性質や売れる時期などを知ることにより、適切な費用のコントロールが可能となります。

また、この予算に基づき、広告効果の予測値をシミュレーションすることも可能なので、予算と効果の様々な組み合わせる点でもスポンサードサーチの利点が出ているともいえます。

それから、広告効果を数値で測定できるため、数値のデータを収集・分析することにより、よりよい広告の出稿にもつながります。

このとき表示されるCPA(顧客獲得単価)という指標を活用することにより、利益を圧迫してしまう広告費の基準を算定することができるので、自らの規模に合わせた広告戦略を練ることができます。

このように細やかな広告戦略を練ることができるのが、インターネット広告、Yahoo! スポンサードサーチの大きな利点でもあります。

こういった機能を活かしつつ広告費を抑えるためには、地道にテストを繰り返すことも重要な要素の一つとなります。

自らが望むターゲッティングに合わせ、無意味なクリックやいたずらクリックを減らすためには、どんなキーワードに、どれほどの表示順位がいいのかを何度も何度も確かめていくべきでしょう。

そのためには、スポンサードサーチの広告管理画面を決しておろそかにすることにせず、1日1回は見るように心がけていくことです。

課金においては、一番上位に表示されるのがベストだとは限りません。

表示される順位と、かける予算のバランスが問題となりますので、これにもこまめな予算管理・広告管理をしていく必要があります。

どちらにしてもYahoo! スポンサードサーチは3,000円でも300アクセス程度を受けることができる費用対効果が高い宣伝方法だとされていますので、積極的に取り入れつつ、自分の商品やサービスにあわせて広告方法を変えていく柔軟性も必要となることでしょう。


■スポンサードサーチの導入例

オンライン旅行業者の場合、スポンサードサーチのアカウント再構築と自動入札を導入することにより、コンバージョン数が前年同月比で約270%という大きな成果をあげたことがあります。

コンバージョン数とは、Webサイトを訪問した人が、商品購入や資料請求など、サイトの所有者が設定した目標を満たす行動をとった場合の数をいいます。

一般にこのコンバージョン数を伸ばすことは難しく、ある一定数まで達した後の伸び悩みが大きいとされています。

コンバージョンについてはサイトの目的にもよりますが、会員登録や個人情報の入力を要求することも多く、そこまでの一歩をなかなか踏み出させることが難しいからです。

しかしながら、このオンライン旅行業者では、アカウント構造が細かくなりすぎていて、各デバイスにおいての配信最大化ができない構造になっているのではないか、とのヤフージャパンからスポンサードサーチのアドバイスも受けながらアカウントの再構築作業を進めました。

自動入札機能の活用を進めることで、キーワードの入札価格を自動的に調整し、コンバージョン数の最大化を可能とし、最終的な成果として同月比270%増という驚異的な成長を成し遂げることを可能としたのです。


もう一つの例として、ジャンプスクエアの例があります。

ジャンプスクエアでは、テレビCM、雑誌・交通広告、Webサイト、スポンサードサーチなどを組み合わせたクロスメディア戦略を行うことにより、「検索しないで」キャンペーンを実施しました。

その結果、多くの漫画ファンをwebサイトに誘導することに成功し、雑誌購入のモチベーションを成功させた事例もあります。

このようなユニークなプロモーション戦略により、ジャンプスクエアは創刊号50万部を3日間で完売することに成功し、創刊号としては32年ぶりという異例の10万部増刷をなしとげました。


スポンサードサーチには、このようにほかのメディアと組み合わせたキャンペーンが効果的となる広告効果もあります。

それはキーワードを検索した場合に、上位表示されるというリフティング型広告の特徴がよく表れている点でもあります。

人気のない検索ワードでも、様々なキャンペーンを組み合わせることにより、非常に大きな広告効果を生み出すことができるのもスポンサードサーチの強いところであります。

どちらにせよ、スポンサードサーチは、最低価格3,000円と低価格で出稿できる一方、クリック型課金で合理的な費用対効果を期待できる一方で、クロスメディアでのキャンペーンを組み合わせることにより非常に大きな効果を生み出せる可能性を秘めています。

ですので、地域のローカルビジネスや中小のメーカーにとって、効果的な広告効果を生み出せる非常に大きな広告戦略における武器ともいえるでしょう。


■スポンサードサーチにトライしてみましょう!


スポンサードサーチをどのように始めればいいのか、分からないことも多いと思います。

その問題を解決するためにもまずYahoo! スポンサードサーチに申し込んでみるのもひとつの方法です。

スポンサードサーチでは、これからインターネット広告を始めようとする人に、初期設定から操作方法、困ったことまでを無料でサポートしています。

電話での問い合わせにも対応していますので、まず疑問点をぶつけてみるのもいいかもしれません。

申し込みも非常に簡単で、Yahoo! ビジネスIDを取得後、広告管理ツールにログインするだけです。

広告文を入力フォームに入力し、スポンサードサーチでのリフティング広告を開始することができます。

成果についても専用のフォームから簡単に確認が可能なので、成果が思うようなものでなければ、様々な設定を変えることで成果をコントロールすることも可能です。

分からないことがあれば、遠慮なくサポートにぶつけることで問題が解決することが多いです。

どんなキーワードがいいのか、いくら予算が必要なのかが分からないという人には初期設定サービス「アシストプラン」で専門スタッフがしっかりとサポートし、広告掲載までをサポートいたしてもらえます。

また、スポンサードサーチの場合は広告運用のノウハウについて、メールでしっかりサポートしてくれるので、

・次に何をすればいいのか?

・効果的な広告運用をすればどうすればいいのか?

など、適切なタイミングでサポートしてくれます。

スポンサードサーチについての疑問点や、広告についての相談、パソコンの操作など、ちょっとしたものから専門スタッフがサポートしてくれますので、インターネット広告が初めてで不安が多い方も安心です。

インターネット広告は、非インターネット広告と比べ、費用対効果が大きく、ユーザーの反応を直に知ることができることから、人と人のつながりが大事な商売においても、重要な位置を占めていくことが予想される広告方法の一つです。

インターネットのことがよくわからないからといって忌避しているだけでは、いろいろなチャンスを逃してしまうことになりかねません。

その点、Yahoo! スポンサードサーチは、様々なことを電話で問い合わせすることができるなど初期設定・広告運用に関するサポートがしっかりしているだけではなく、広告費の上限を決められ、特定地域だけの広告掲載もでき、曜日・時間帯の指定もできるスポンサードサーチは、ローカルビジネスを行っている人、中小のメーカーにとって大きな武器となるはずです。

ぜひ、このスポンサードサーチを適切に利用して、売上拡大に向けて頑張ってみることに挑戦してみてください。

最初から電話でのお問い合わせが難しいという方には、サービスの詳細や料金について資料請求をすることができるようにもなっていますので、どうぞ、ご検討なさってください。

Yahoo! スポンサードサーチはこちらへ


■LINK■
  • Yahoo! JAPAN
    Yahoo! Inc.は、アメリカ合衆国のインターネット関連サービスの提供を行う企業であり、検索エンジンをはじめとしたポータルサイトの運営を主力事業としている。「Y!」と略されるときがある。 1994年、スタンフォード大学の楊致遠とデビッド・ファイロによってウェブディレクトリとして始められた。
  • 運用の基本の記事一覧 - Yahoo! プロモーション広告 公式 ラーニングポータル
    「スポンサードサーチ」のキーワードや広告の作成方法から、広告効果のアップ方法まで、広告運用の<基本>を学びましょう。